製品の展示

山東亜飛特グループ有限公司

国内:
+86-531-87170006
+86-531- 87170005
国際:
+86-531-87078055
+86-531-87078066
FAX:
+86-531-89006116
+86-531-89006226
メール:
900@sdgangtie.com
住所:
山東済南市工業北路济钢工業区
郵便:
250000
研削ボール類 ホーム >> 製品の展示 >> 研削ボール類

研削ボール類

鍛造鋼のボールの表面の品質は良くて、耐衝撃性は良くて、強靭性が強く、耐摩耗性は良くて、壊れにくいと失円。我々が使って鍛造とプレスの方法は、金属加熱温度に達するまで1050?C(±50?C)利用鍛圧機械金属素地に圧力をかけて、させて塑性変形を一定の機械の性能、一定の形状やサイズ鍛造品の加工方法。
  • 詳しい

鍛造鋼球

     鍛造鋼のボールの表面の品質は良くて、耐衝撃性は良くて、強靭性が強く、耐摩耗性は良くて、壊れにくい我々が使って鍛造とプレス方法は、金属加熱温度に達するまで1050?C(±50?)利用鍛圧機械金属素地に圧力をかけて、せて塑性変形を定の機械の性能、一定の形状やサイズ鍛造品の工方法。造解消できる金属を錬で程で生じた鋳しょうなどの欠陥、クロの組織構造の最適化、また保存した完全な金属流線、造品の械は性能が優れていると同じように材料の鋳物。造鋼のボールを選択して使用しなければならないなら一番耐摩耗の材料の耐摩耗、またはいくつかの会社の自主開発効率減摩合金鋼料。々は採用国大鋼産の材、同様に1種の材料に、さまざまな鋼産て質もないし、鍛造品のを80%によって、材料の良し悪しを採用して、とえば高ンガン、衝撃性は良くて、強靭性が強く、耐摩耗性は良くて、破砕します。造鋼球値段が安いので、経済の耐久性などの特徴を広大なユーザーの愛顧


一.  スピン切り玉生産プロセス

材料検査――MFレンジ加熱――スピン球——焼入れ焼戻し処理検出処理――――――包装


二.  鍛造鋼球生産プロセス

材料検査材料MFレンジ加熱鍛造ロール鍛造球——焼入れ焼戻し処理検出処理包装


三.耐摩耗鋼のボールの機械は性能

 

の直径(MM)

A型材

B型材

C型材

D型材

表面硬度

硬さ


衝撃


表面硬度

硬さ


衝撃


表面硬度

硬さ


衝撃


表面硬度

硬さ


衝撃


φ25

60-65

58-63

≥12J/CM2










φ30

60-65

55-60

≥12J/CM2










φ35

60-65

55-60

≥12J/CM2










φ40

60-65

55-63

≥12J/CM2

60-65

60-65

≥12J/CM2







φ50

60-65

45-50

≥12J/CM2

60-65

60-65

≥12J/CM2







φ60

60-65

42-47

≥12J/CM2

60-65

60-65

≥12J/CM2







φ70

60-65

40-45

≥12J/CM2

60-65

60-65

≥12J/CM2







φ75

60-65

40-45

≥12J/CM2

60-65

60-65

≥12J/CM2







φ80

60-65

37-42

≥12J/CM2

60-65

60-65

≥12J/CM2







φ90

60-65

37-42

≥12J/CM2

58-63

52-60

≥12J/CM2







φ100

58-63

37-42

≥12J/CM2

53-58

42-58

≥12J/CM2

58-62

58-60

≥14J/CM2

60-65

60-65

≥14J/CM2

φ110

55-63

35-40

≥12J/CM2

53-58

45-50

≥12J/CM2

58-62

58-60

≥14J/CM2

60-65

60-65

≥14J/CM2

φ120

55-63

35-40

≥12J/CM2

53-58

45-50

≥12J/CM2

55-62

58-60

≥14J/CM2

60-65

60-65

≥14J/CM2

φ125

50-55

35-40

≥12J/CM2

53-58

45-50

≥12J/CM2

55-62

52-58

≥14J/CM2

60-65

58-63

≥14J/CM2

φ130

50-55

35-40

≥12J/CM2

53-58

40-45

≥12J/CM2

55-58

50-55

≥14J/CM2

60-65

58-63

≥14J/CM2

φ140



≥12J/CM2

53-58

40-45

≥12J/CM2

55-58

45-55

≥14J/CM2

60-65

55-60

≥14J/CM2

φ150



≥12J/CM2

53-58

40-45

≥12J/CM2

55-58

40