プロフィール

山東亜飛特グループ有限公司

国内:
+86-531-87170006
+86-531- 87170005
国際:
+86-531-87078055
+86-531-87078066
FAX:
+86-531-89006116
+86-531-89006226
メール:
900@sdgangtie.com
住所:
山東済南市工業北路济钢工業区
郵便:
250000
会社概要 ホーム >> プロフィール >> 会社概要

山東亜飛特金属製品有限会社は研究開発、生産、加工、販売、国際貿易を一体化した会社である。

当社は1998年に設立され、年間の売り上げは5-8億円となる。

当社の製品は主に5大種類、16品目と分かれる。

球類:ステンレス球、軸受鋼球、炭素鋼球。

金属研磨材類:スチールショット、スチールグリット、スチールカットワイヤー、アルミニウム丸、銅丸。

研磨球類:研磨用クロム鋼球、研磨用炭素鋼球。

重量鉄類:スポーツ用品の重量鉄、鉄、高精密機械の重量バランスボード。

重量砂類:配重砂、スポーツ用品のカウンターウェイト砂。

研磨材類金属製品は主に鋳造、鍛造、機械、冶金、熱処理、鋼構造、網棚の構造、コンテナ、船舶、修理、橋、鉱山などの分野の清砂、サビ落とし、強化、成形、応力除去及び各種材の整理と塗装、メッキ前の表面の粗さ予備処理、石材、カット、磁気丸鋳造、大型コンクリートや高炉耐火材料としての添加物は、増加の耐摩耗性、耐高温性、抗洗い流す性、静電しゃへい、防輻射などに使われる。

鋼球は主に機械の軸受玉、芸術ボール、大径中空鋼球に使われ、精度が高い機械軸受玉、バルブなどにも使われる。

  カウンターウェイトブロックは、本台の元の重量を増加して、バランスをよく取れるために使われる。ブラスト機で、要求に応じた液体に溶融してから鋳型に注いで、冷却凝固、全体の処理後に予定通りの形状、サイズと性能の鋳物のプロセスを得る。カウンターウェイトブロックは現代の機械製造工業の基礎技術の一つである。

上記の定義のカウンターウェイトブロックは、重工業の応用のカウンターウェイトブロックである。 軽工業にもカウンターウェイトブロックが必用である、軽工業でも主に自身の重量を増加してバランスを取り、または自身の重さを増すためである。軽工業に応用されるカウンターウェイトブロックは主に機械で加工材料を成型したものである。

我社は技術の方では十分な自信を持つ。先進的な生産設備をもち、完備な品質のモニタリングをして、さらに、アメリカオーウェン会社の疲労寿命試験機を導入し、金属研磨剤の寿命テストをしていて、ドイツSPECTOR会社棒読み分光器を導入し、金属研磨剤の成分測定もしている。品質はSAEアメリカ自動車エンジニア関連標準協会の基準に達成している。当社の製品はもうすでにISO9001-2000国際品質管理体係の認証を得て、20か国と地域に輸出している、数多くの国内外のユーザーの好評も得ている。

山東亜飛特金属製品有限公司は、「品質で発展を求める、信念で生存を求め」という経営の理念で、客様に満足できる製品と、国内外の有名なブランドを作り出すという目標としている。

山東亜飛特金属製品有限会社は、長年かけて蓄積した設計と製造経験を持ち、技術革新を動力として、お客様に総合的な、全体的な、高付加価値なサービスや製品を国内外の様々お客様の需要を満たす。独特の製品、優れた製品の性能、良好な経済性と皆さん手をつないで、共同に発展していく。